読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

昨日も 図書館へ

ニュース見ていると 心がざわつきます(わがカメキチに同じで)

 

子どもが 亡くなったり 重体だと聞くと

親のことが 戦争や武器で大儲けする人たちと同じレベルで 腹が立ってきます

 

そんな社会にした 大人の一人であることが 悔しい…

 

昨日は図書館へ 

歩くのが だんだん暑くて厳しくなってくる季節です

 

辛夷の根っこに 木片…

 

f:id:buunanome:20170527104038j:plain 見上げると

 

f:id:buunanome:20170527104010j:plain

骨皮みたいに 中が空洞になった辛夷、でも 生きています

葉がきれい

 

この季節 出てくる新葉は 赤いのが目立ちます

調べると 春の新芽には葉緑素が含まれているが、紫外線に弱いため、赤い色素であるアントシアニンが盾になって、紫外線から葉緑素保護しているということ、らしいですね

f:id:buunanome:20170527104711j:plain

ドクダミが かわいい

f:id:buunanome:20170527104802j:plain

f:id:buunanome:20170527104902j:plain

マツバギクをみると 花言葉「怠惰」がすぐに 頭に浮かんじゃう

この 白い「怠惰」すごくきれい! なんて つい知ったかぶりで言ってしまう

(心広い愛情、というはなことばもあるのにね)

f:id:buunanome:20170527110122j:plain

いつも巣をつくるお家の軒先に 今年も かわいい頭が見えたので カメラを構えたら

頭を低く 後ろへ・・・ごめん、ごめん

 

もう 昼顔も

f:id:buunanome:20170527110346j:plain

 

ここんとこ 何も身近で 嫌な出来事が起こらないと思っていたら

広島の実家(義母が逝ってから義弟の一人暮らし)から シロアリ被害を知らせてきた

冬はカメムシとの攻防戦に 恐れをなし

今度はシロアリ、ますます 帰省したくなくなる、つれあいには申し訳ないけれど…

 

人生 良い事と悪いこと 交互に、イヤ一時にくることも

そんなこんなで もう5月の終わりが見えてきた

f:id:buunanome:20170527111001j:plain

鴨足草と書いて「ゆきのした」と読ませることが多い。夏の季語

雪も無い季節に咲くのに ゆきのした…拘ってしまうわたしです

 

(こういう記事は 別ブログにアップするのだけど 容量がどうたらこうたら…ちょっと意味が不明なので 今回はこちらで)

広告を非表示にする

『あなたの人生の物語』を読んだ

映画館へ足を運ぶ、カメキチが元気な時は それなりに行った方かも

今は 孫のお守りの一環として カール爺さんやニモやに会いに行くのみ

つい最近 テレビで f:id:buunanome:20170523101551p:plainという映画の CMが短時間流れ

ちょっと気になったので 調べてみた

SF風な印象に ETみたいな映画かな?と期待して・・・

 

でも ちょっと違う感じ

 

映画館まで行く気も失せたが 映画の下敷きになっているという テッド・チャンの「あなたの人生の物語」という題名に魅かれた

 

2003年の出版の文庫が 図書館にあったのですぐに借り出せた

(今はもう 考える人は同じなようで 次に予約する人がいる)

画像検索結果 そんな昔に出版されていたこと

いろんな賞をもらって 高い評価をえていたこと

SF、というだけで ちょっと引いてしまう自分だから 全く知らなかった人

本は 8編の短編からなり、そのうちの「あなたの人生の物語」が映画の下敷きなんだそうだが 映画とは 結末も違うようだ

 

物理や数学をモチーフにした作品なので 頭がついていけない

むつかしい、けど 途中で投げ出したくもない

おもしろい、なんだけど その半分も理解できていないことだけは 悔しいけれど分かる、そんな本だ

 

へプタポッド(異星から来た生物)は同時的認識様式を発達させ あらゆる事象をある順序で経験し、因果関係としてそれを知覚する。その根源にひそむ目的を知覚する

最小化、最大化という目的を

何のことやら…

同時進行で 亡くなった娘のことを 思う主人公、そこに んんん・・・何か言いたいことがあるんだよね、きっと

 

数学脳の持ち主ではないのが残念じゃ…

 

読後感としては悪くないし またいつか思い出すかもしれないなと思う本だ

 

*****

つれあいのブログに ケチつけたくなる

 

ニュースを見て カッカして

図書館から借りる本は わたしが見向きもしない本で

書く内容は それ、受け売りじゃないの

と 

皮肉の一つも二つも言いたくなるような真面目な事柄ばかりで

そんな学者か 評論家みたいなことばっかり書いて ええのん?

コメントは おおむね好意的なんばかりいただいて

調子に乗ったらあかんで

 

でも 本人は いたって真面目に 向き合っていることだけは

しゃぁなく認めてあげるけど

 

でもね、障害を持った自分の苦しみに もっと向き合ってほしいんだよね

ま、

最近は ラムレーズンチョコの出番が少ないけどね

 

何だか、今のつれあいは 知り合ったばかりの頃 

いかに真の社会主義社会はスバラシイかを 

わたしに向かって言っていた時みたいだ

 

そのわたしは もう現実の正体を知っていいるからね!

フン!なのだ

 

バカにしているやろ?って 

 

分かっているじゃないですか

(ᅙωᅙ)ふっふっふ

f:id:buunanome:20170523110726j:plain

タイサンボク、もうじきかな