読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

別府・国東半島・杖立温泉~5泊6日の旅③

11月2日(水) 予定変更し、由布院駅で時間を取ることにした 別府駅へ行くと ちょうど踏切点検とかで遅れていた列車に乗れたうえ、座席を譲ってくださる男性がいて 大分まで恐縮しつつも、ありがたいことに座って行けた 大分から、由布院へは1時間弱 特急も…

別府・国東半島・杖立温泉~5泊6日の旅②

11月1日(火) 朝風呂は 一応行ってみたが 案の定 入り口はスリッパがあふれている 一応 スリッパの整頓し、回れ右して しょぼしょぼ部屋へ戻った 朝食バイキング会場前には 大きなスーツケースがズラ~リ 運よく開いた席をゲット まるで、韓国に旅行している…

別府・国東半島・杖立温泉~5泊6日の旅①

こんな朝焼けの見送りを受けて 10月31日(月)出発! ひかり491号⇒小倉からソニック11号に乗り換え 別府11:28着 天気の変化は 九州から下り坂 予報通りだね、と 曇天の空を眺める その前に 昼食… 別府と言えば とり天 とり天冷やしうどん、 彼は 大分名物りゅ…

結婚記念日と紅葉の思い出

今朝のテレビで 今見ごろの紅葉スポットを紹介していた この時期 北の方から どんどん紅葉が進んでくる 私たちが若い頃は 子どもが中心、その子供たち3人とも1・18・30日とちょうどいい案配に?間隔も開いている 私が子供の時は 8月生まれ3人まとめて誕生日…

近江八幡へ姉妹旅***2016.10.11~10.12

10月11日は 母の命日 今年で、もう23年だ 今年初めに未亡人になった妹② やっと泊りがけの旅に出る気になってくれた 70歳の姉と 妹たち3人は皆福井県人なので、県外がいいという こっちも どうせなら県外がいいのだけどなぁ…と思っても多数決だもんで 福井か…

平湯~乗鞍

目の前の黄色に色づいて来たと思っていた 田んぼの稲が 今朝は もうすっかり刈り取られている 35℃前後のこの夏の暑さが のど元過ぎて、もはや思い出せない ほんの数日前までは クーラーの中でしか生きられないとまで思うばかりだったのに そうそう、もう少し…

紀州加太休暇村で のんびり過ごす旅 2016年8月31日(水)~9月2日(金)

8月31日(水) 山科から新快速で大阪へ 朝のこの時間は やはり混んでいたが 京都で開いた椅子に離れて座りかけたら つれあいの隣の男性が 気を利かせて 席を変わってくれようと立ち上がった所を 横から座る人が居て…その人も高齢者とみて、そのまま親切な男性…

若かりし頃は 明日香に夢中!

飛鳥、明日香…わが青春 つれあいが ぜひ行きたいと それも結婚前 旅費も、宿泊代も わたし持ちで 今 思い返すと えぇ~っ!このわたしが なんで?となる 彼の希望を叶える事が 当たり前のように 行動したというこの事実に 今ごろ 呆れているなんてね、へんな…

こどもが小さい頃は 海水浴

昨年鳥羽へ子供たち家族と鳥羽へ行った折 婿殿も娘たちもいるから 何とかなるかなと 怪我して初めて 海水パンツで泳ごうとしたつれあいが 海水に足が浸かるだけで チクチク痛いと 泳ぐどころか、中へ入ることも出来なかった もともと、船乗りを目指した彼は …

姉との3人旅

えぇ~っ! いろいろ調べて 下書き保存したつもりの記事が無くなった? (。>0<。) なんで? ………_l ̄l○lll ガクッ でも もう一回、書くぞぉ~~~~! ***** 父が亡くなって ひとり暮らしになった姉 なんかね、ほっとけない 母とは 一番反発しあっていたの…

姉妹と旅をする

高校を出て 看護学校の寄宿舎に入ったあと 姉妹のことを どれだけ考えていただろうか? アル中の母に 近づきたくなかったから 妹たちには いい姉ではなかったと思う それでも 歳を取ると どうでもいい思い出は 片隅に寄せておいて 時々 ドキッとすることを言…

日光~塩原元湯温泉~宇都宮へ

今 私がハードディスクに保存してある「旅のしおり」は2006年2月からの分 彼が こんな身体になる直前の旅行は 改めて見たら 先日3女と孫⑦と出かけた 那須高原の近くだ この頃は 彼が旅の計画をしていたので 私の記憶(地名や宿など)があやふやだ それが 今で…

南東北(五色沼・大内宿・塔のへつり・飯坂温泉)の旅

ごいさんのブログ記事を見ていて 懐かしくなっちゃった え~と、五色沼は… 2002年10/28~11/2 (あの頃はレンタカーで) 秋田から鳴子、蔵王から五色沼の方へと 欲張りな旅を していたね 晩秋で寒くて 五色沼をブルブル震えながら 巡っていたね あの時も 何て…

家族で訪れた 初めての沖縄への旅

ハワイやグアムで結婚式! とんでもない! 韓国や台湾、中国…そして沖縄 戦争中 悲惨なことがあった地へ行くことへの後ろめたさがある そんな地を軽々しく訪れていいもんだろうか…と 心の中で引っかかっていた だから 沖縄へ行きたいと父が言わなかったら 観…

青春18きっぷで 諏訪&八が島高原

受傷後1年…その頃はまだ後遺症の症状固定判定の前で これからの収入もどうなるのかという不安があった時だ 青春18きっぷは 金が無く、車に乗れず、かつ時間はたっぷりある者には 本当にありがたい切符である 元気な時は 車で移動するのが当たり前だったので …

2016年7月1日(金)~3日(日) 休暇村那須へ

3女の婿殿が海外出張する間 また実家へ帰ろうかなと言ってきた娘 えっ?つい先日別れたとこなのに… 婿殿のご実家へ顔を出さずに こちらばかり帰るのはどんなものかのぉ~とか、我が家へ滞在している間は つれあいもそれなりに気を使うし、わたしも 孫はかわ…

2011年北海道(礼文・利尻)花の旅⑤

18日(土) 雨こそ降らないが曇り空、宗谷岬へはアクセスが悪い 予定を変更し、目的地はノシャップ岬と、日帰り温泉施設「童夢」 鷲泊フェリーターミナル前の 甘露泉水をペットボトルに詰めて 鴛泊 8:40発⇒稚内10:20着 ノシャップ岬へは 路線バスで バス停から…

2011年北海道(礼文・利尻)花の旅④

6月17日(金) 朝食後 他に交通手段もなく タクシーで桃岩展望台駐車場へ 視界が利かないくらいガスっていた 加えて あまりの強風に ソーちゃんが飛ばされそう~ で、ハプニング!! 階段で、 私の目の前で、 スローモーションの映像を見ているように バランスを…

2011年北海道(礼文・利尻)花の旅③

16日(木) 徒歩でフェリー乗り場へ!間際まで 日本旅行手配の引換券と乗船券を引き換えることを知らなかったので、早くに来ていたのに ぎりぎりセーフというハプニング! 稚内フェリーターミナル内で、礼文観光Aコース(夢の浮島礼文めぐり)を購入(3300円/人)…

2011年北海道(礼文・利尻)花の旅②

カメキチどんが 二人で旅行した後に わたしが作った旅のしおりに 追体験記を書くようになったのは いつ頃からだったかな?と バックアップしてあるものを見て見たら そうそう こんな画を描いていた 先の写真を見ながら PCで描いたものだ さて 翌日は朝市(ひ…

フルムーングリーンパスで行った 北海道(礼文・利尻)花の旅①~函館

2011年6月13日 それはずっと念願の地 父が存命の頃 姉と二人で読売旅行のツアーに行くと聞いた時から 何で 姉と二人だけでぇ…?と ずっと恨めしく思っていたところ 5月で 還暦を迎えた夫さんにかこつけて 計画した もう5年かぁ 今年 道東の旅の興奮冷めやら…

道東編②のつもりが…

この旅の帰りに 東京駅であった娘と孫が 急に義父さんの見舞いに帰省することになり そのまま我が家に… で、今日の昼 新幹線で見送ったところです 可愛い7番目の孫と共に過ごすのは もううれしいには違いないのですけどね… その間つれあいは着々とブログ更新…

2016年 65歳の誕生日お祝い旅~道東編①

5月24日(火) 大津京5:51 フルムーングリーンパス7日間で出発 30日(月) 大きなアクシデントに会う事もなく 無事に帰宅 振り返ってみれば 幸運続きだった旅だった 帰ってから ど~~~っと疲れが… やっと 写真の整理ができる状態になった が、これがまた つれ…

家族de北海道旅行~1995年7月27日(木)~8月2日(水)

今朝のTVで 今日の北見は30℃以上に気温が上昇すると、予報士が言うのを聞いていたら思い出した そうそう、家族で北海道へ行った時 冷房も扇風機もない部屋で 汗ダラダラで 夕食食べたね~ 美味しいとか、味わうどころではない暑さに閉口したね 思春期の…

家族deキャンプの思い出

1988年夏(長女12歳・次女9歳・3女5歳)初めてのキャンプ 車で1時間弱の葛川キャンプ場へ 常設テントで2泊する予定だったが その夜から降り始めた雨が だんだんひどくなり 雷雨止まず キャンプどころではなく 早々に引き上げたという苦い思い出 1990年 平湯キ…

東北旅行③~津軽半島~竜飛崎~ミニ白神へ

東北は遠い そして 交通手段は 限られ 選択肢は多くない 例によって 京都から『日本海』乗車 夜行列車は 良かったなぁ 買ってきたお弁当(カツ弁)を食べ終わるころ 敦賀に着く その頃には もうカーテンを引き巡らし ゴロ~ンと 夜行列車ならではのバックミュ…

上高地

1985年7月28日~29日(白樺荘泊) 家族で 初めて上高地を訪れた (私が20歳、尊敬するDrの話の中に出てきた上高地に ひとり旅をした。その時の感動を夫に知ってもらいたかったのだ) 長女11歳 次女7歳 三女4歳 大正池の枯れ木、水辺の様子は わたしが初めて来た…

リベンジしたい八方池

1998年7/27~29 当時同居中の3女と3人で 白馬へ 車で2泊3日の旅をした 先に電話で予約を入れていた 宿へ向かった 国民宿舎○○のその宿 そこまでヘンな宿ではなかろうと思っていた が、国民宿舎にもいろいろあると知ったのは ずっと後のことで… 玄関前に降り立…

東北旅行② 青池~抱き返り渓谷~八幡平

前回の東北旅行で すっかり東北の魅力にはまってしまったつれあい つれあいは 結婚前は飛鳥路 その後子供たちを連れて 上高地へ そして今も変わらず 東北‼ 気に入った所へ 何度も行きたい人 わたしは 今も昔も3食でゆっくりできるならOK派 けど、できること…

浅虫~恐山~奥入瀬

数えてみれば 21回も東北方面へ旅行している 初めの旅は 1997年10月11日~14日 結婚25周年の旅 日本海で車中泊 12日 電車を乗り継いで 恐山へ行く くるくる回る風車に 宇曽利湖の寒々しい光景は強烈だった 旅の計画は すべて つれあいがしてくれていた 恐山…

1997年4月13日~樽見鉄道ローカル列車の旅「根尾の薄墨桜」~

1996年8月16日 39歳の若さでまだ幼い息子2人を残して 妹は亡くなった まだまだ先は長いと 漠然と思っていたわたしは 叶わなかった妹の分も 人生を楽しまなくては申し訳ないと 強く思った 行ける時に 旅行を! したい事は 先延ばししない こども達も 成長し …

こころの中で生きているこども達のこと③

深夜勤の朝5時 まだ眠そうな子供たちにごめんね、と謝りながらの採血 白血球が減少中なら 毎日 採血の指示が出る 何度も刺すため 硬くなって 採血しにくくなってくる もう 諦めているというのか 健気に腕を出してくれる 長期入院の子どもたちは 素直すぎて… …

こころの中で生きているこども達のこと②

小児科病棟の個室には 白血病の子どもが多かったという印象が強い 1980年前後の勤務先での治療は 現在行われているものと比較にならないくらいのものだった 感染の危険が高くなってくると 一応ガウンテクニックして入室するとはいえ 無菌室とは程遠く 移植治…

こころの中で生きているこども達のこと①

もともと ここでは自分の両親のことや 仕事で出会った忘れがたい人々のことを書いておきたいと思って 書き始め、やっとここにたどり着けた 大津日赤勤務中は 自分も子育て真っ最中 勤務先は 小児科病棟 いったん白衣を脱げば 職場のことをクヨクヨ悩む間もな…

大津へ

教育実習もちゃんと故郷の中学校で終了 あとは教員試験を受けて…のはずが なんで? そんな大事なこと 電話で済ませるなんてね… もう 面接も済ませてからの事後報告❕ 戦後まもなく始まったラジオドラマを聞いていて 漠然と 子どもたちを相手に働きたいと かね…

福井病院③

福井での3年間 良かったことの一つは 父とつれあいの関係が グンと深まったこと 古いオートバイを譲られて 二人で遠出していた 息子が欲しかった父にとって かなりうれしかったはず 今も わたしの知らない父のこと つれあいの方が良く知っていたりして そん…

福井病院②

勤めたばかりで 病院の内情など 全く分からないわたしに声をかけてきたというのも 先のT先生の件と、福祉大卒業(アカの学校と言われていたそうな)と無縁ではなさそう なにがしかの戦力になるとの 思惑があったのだろう 当時 そんな風に利用されているとい…

福井病院①

配属は 整形外科病棟 新しい職場は いつだって 慣れるまでかなり時間がかかる 緊張の数日後 事務長に呼び出された ??? 「精神科の心理判定員の仕事をしてほしい」 はぁ~っ? 福祉大卒と言うだけで そんなことできるとも思えない 即答はできない どんな仕…

Uターンしたものの・・・

若い時代は 何でこうも計画性もなく 突っ走れるのやら… これでも つれあいよりは先を読んでいたつもりだった 2月には 岡田内科を辞め つれあいに頼み 福井日赤近くに借家をみつけ 卒業を待たず 引っ越しをした 保育園への手続きや 職探しを始めた 福井日赤へ…

名古屋時代②

名古屋での4年間は 今となっては あっという間 せっかく大学に行ったのに 思い出の多くは長女との時間 初めて高熱を出したとき(突発性発疹) 悪寒戦慄で 顔色も悪く ガタガタ震える娘 小児科勤務の経験など 役にも立たない 気が動転し、慌てて近医へと走っ…

名古屋の思い出

一番最初に住んだのは(妹と) 昭和区御器所 結婚後は リヤカーで引越した 昭和区川名町6丁目10-1(だと つれあいの記憶) 長い間 記念だからと本籍を移してなかったので 彼の運転免許はそうなっていた 一応玄関を入って 3畳の台所と6畳の部屋 トイレは 部…

岡田内科

自転車組合では お弁当持参 冬のある日 同僚が 近くの市場のサラダが美味しいというので 昼休みに出かけた その通り道 内科医院の看護婦募集の張り紙が たまたま目に留まったのが 転機になった ゆる~い雰囲気の 今の職場は 居心地が悪いわけではなかったが …

中部自転車工業協同組合で 事務員として働く

1974年4月 そこはレトロな建物の1階 事務長、課長、外まわりの多い男性職員以外に4人の女性職員(+わたし) 自転車組合員(日本の自転車メーカー)へ部品や資金の供給をになうのが主な仕事のようであった 新米の事務員の仕事は お茶出し、掃除、書類のコピ…

分かれ道

名古屋大学病院には 院内保育所があることを知り もちろん、そこもつれあいに 見学に行ってもらった 良さそうなので すぐ履歴書持参で面接を受けた だけど 4月もまじかに迫っても 病院からの返事がないまま 日が過ぎて行った そんな折 我が家に 名古屋第2日…

名古屋第2日赤で出会った人②

内科病棟でも 今振り返ると 個室の多い病棟だった 死=ステルベンを略して 患者さんがステルと言う 勤務中に 患者さんが亡くなるのが 妙に続くという事がある そんな時 お祓いしてこなくっちゃ~と 本気でいうNsも居る わたしは 看護婦人生通して 人の死に…

名古屋第2日赤で出会った人①

結婚式には コロニーの同僚も わざわざ 来てくれたし 婦長さんから お祝いの朝日新聞の1972年鑑誌も頂いた 内科病棟入院中の患者さんの娘さんまで 出席してくれたんだよ 森公美子さんみたいな優しい娘さん お母さんは 癌で入院中 ご主人が いつも付き添って…

新婚旅行

結婚式には コロニーの同僚や何故か 現職場の患者さんの娘さんも来てくださった 父は 来てくれなかった 裁判所の日直だから、というのが表向きの理由 存命中に確認したことはないが 多分(姉のこともあったし)お前もか…!と 心のどこかで どこの馬の骨か分か…

結婚

4月下旬 学校の授業がようやく始まる 5月 新しい職場は 名古屋第2日赤の小児科病棟 いよいよ 学校と仕事 それに妹との同居生活が始まった なのに そのころの記憶が ほとんどない 5月連休に 学校の行事で 一泊旅行があった ここに わたしは居ない つれあいは …

いざ、大学へ

大学で学ぼう!と決心して 次の休日に 春日井市へでて シンプルな机と椅子を買った それは 2002年 現在のマンションへ転居するまで ずっと 一緒だった 人生初めて 自分で買った家具 仕事時間以外は テレビも外へ遊びにも行けない山の中だから 勉強する時間は…

無駄なことなど 無い

「聞いてなかった」と言えるはずもなし 入院中の子供たちは 病院の特殊性もあり それまで出会ったことのない先天性の身体的な奇形を持つ子供たち 完全看護なので 親の付き添いはなく 面会時間が終わるとき 後ろ髪をひかれながら 親は帰っていく 正直、その頃…