ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

昔も 災害は多かった…

1948年昭和23年)6月28日16時13分29秒に発生し福井県を中心に北陸から北近畿を襲った福井大地震の時は 母のお腹ん中にいた

昭和25年9月3日から夜中にかけて若狭湾を通り抜けたジェーン台風の時は まだ2歳(下の妹は生後1か月)

記憶なんてあるはずもないけれど

小さい頃から 主に母から聞くそっち系の話に 過敏に反応する子供だった

台風が近づくと バラック小屋を改造したような官舎の窓に板を打ち付ける父の姿や

ラジオから流れるニュースに どんどん想像が膨らみ 人知れずおびえていた

(姉妹からは そういう思い出を聞いたことがない)

戦後生まれなんだけれど 当時は町でも 何かあると サイレンが鳴った

臆病な私は それが空襲警報に思え

爆弾が落ちてくる夢まで見たりしていた

これって前世の記憶?なんだったのかな?と今でも思う

ラジオと 新聞と 親たちの話から得る情報は 結構暗いものが多かった

台風の時 板で打ち付けられた窓の隙間から

外を見て 雨が激しく降り 突然できる水の流れがあちこちできるのを

怖いけれど ワクワクして見ていたことを 覚えている 

嫌だったのは 台風で大雨が降ると ボットン便所に水が入り

トイレがあふれそうになる       f:id:buunanome:20150519123829j:plain

その事が 子供心に恐怖で 今なおトラウマじゃないかと思うくらいだ