読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

思い出の中では いつも自分が主人公

父は跡取りの長男を引き揚げ時に亡くしたことで 母を責めただろうか?

 

もう一度男の子をと 父は強く思っていたらしい

私を生みに 宮城県の母の実家へ里帰りした母の元に 

送られてきた名前の候補は男の子用ばかりだったらしい

そんなことを聞くと 望まれて生まれた子じゃないんだ…と淋しくなる

 

父は その後もあきらめずというか 母の腹を大きくさせたが

6女で あきらめた

 

私は6人姉妹の次女 

幼い妹を背中におんぶしながら遊ぶのは普通のことだった

あまり覚えてないけど 姉はその頃どこにいたのか?

記憶の中を探しても 出てこない

姉とつるんで 遊んだ記憶がない…ということはジャマだと避けられていたんかも

ちょっと遠く(駅へ汽車を見に行くとか、御総社の境内へ銀杏拾いや、ぎったんばっこの遊具で遊ぶ)の時は 多分一緒だったと思う

なんせ 泣き虫で 臆病だったから

 

ずっと秘めていた悪事を告白するね

近くの店先で 誰かが菓子ひとつ買っている時 一つこっそり万引きしたことがある

 

その後 ずっと自分は悪い子で 警察に捕まるかも…と怯えていた

働けるようになった時には 5円だか10円だか覚えてないけど返済せねばと思った事も度々だ(結局してないけど)

その時の発案は 姉だったと思うのだけど

数年前の姉妹旅行で その事を姉に話したが

「おぼえてな~い」そうな…

 

普段は思い出しもしないが 

結構わたしって 善人面しているけど

心の中で思ったことや してしまったことで

三途の川で咎められることいっぱいありそうだ

こわ~っ!!

 

夏 武生の町はずれの日野川へ水遊びに行くときは

姉妹で行き 結局ワニ泳ぎより進歩しなかったけど

水の流れから頭を上げて 周りの山を眺めると別の世界にいるようだったf:id:buunanome:20150524111438j:plain

帰りは 手ぬぐいでメダカ取りで寄り道

氷屋さんでアイスキャンデーを買い 溶けないようにナメナメしながら帰る

暑い暑い夏の思い出 あぁ~なつかしい

先頭には 姉がいたはずだけど

記憶の中では わたし以外は みんなぼやけている