読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

名古屋時代②

名古屋での4年間は 今となっては あっという間

せっかく大学に行ったのに 思い出の多くは長女との時間

 

初めて高熱を出したとき(突発性発疹

悪寒戦慄で 顔色も悪く ガタガタ震える娘

小児科勤務の経験など 役にも立たない

気が動転し、慌てて近医へと走った

肝心のつれあいは たまたま訪ねてきた商船高専の同級生と 

娘が病気なのに のんきに出かけて行った後

 

その時の友人には 責任はないけどね、いまだに 許せないのだ!

 

義母が遊びに来たとき 一緒に明治村へ行った

その時 おんぶされながら ぺろぺろチョコをなめている娘

かわいかったなぁ

 

雨の日 出かけたつれあいに傘を持っていく間 

後ろ髪ひかれる思いで 寝ている娘を置いて出かけた

急いで戻ると 思い切り泣き叫んで 布団からはみだしていたこと

 

初めて 広島へ娘を連れて帰った時

義母が 首のところが腫れているのでは?と気がついてくれた

熱はなく 不機嫌というほどでもない 

原因が分からない

義父が車で 吉田の町の外科医院へ連れて行ってくれた

穿刺すると 膿瘍の液が出てきた

母親失格や…と 気分は凹んだ事件のひとつ

名古屋へ帰って 日赤へ何度か通院した

これ以降 旅先には 必ず保険証を持っていくべしという教訓を得た

 

義弟からもらったピンクのおきあがりこぼしに ひもでつないだ娘が鳴らす音をききながらの あわただしい家事

 

初めての一歩の瞬間

初めての○○○ いろいろ、いっぱ~い!!

初めてのことは 親としても初めての経験、貴重だね

 

歩けるようになったら 私たちの原点となった明日香周辺を

ともに歩いた

そうそう、お世話になった妹とも民宿に泊まって 牛乳で作る明日香鍋を食べたよ

f:id:buunanome:20151204134137j:plain

 

んんん…思い出の糸を手繰っても あとは大したことない気がしてくる

我が人生には、ね

 

子どもたちに 財産は残せないけれど 思い出だけは 3人には日記と言う形で 書きしるし、成人してから渡せた

その頃のこと 書いてあるかな? 

 

そうこうしているうちに 卒業後のことを 考えねばならなくなった

福井の母は アルコール依存が ますますひどくなっているようで 心配だった

広島の父母は まだまだお元気!それに 田舎であり、就職口は無いことは自明の理

我が家の力関係は ずっと わたし>夫

つまり 卒業後は 福井へ帰る!と言う方向へ 決まった次第❕

 

 

 

広告を非表示にする