読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

東北旅行② 青池~抱き返り渓谷~八幡平

前回の東北旅行で すっかり東北の魅力にはまってしまったつれあい

つれあいは 結婚前は飛鳥路 

その後子供たちを連れて 上高地へ 

そして今も変わらず 東北‼

気に入った所へ 何度も行きたい人

 

わたしは 今も昔も3食でゆっくりできるならOK派 

けど、できることなら未知のところがいいと思っていた  

でも 歳をとった今 以前に行ったところでも ゆっくり過ごせたらいいなぁと思う 

 

彼が元気で車を乗り回していたころの旅は 

宿に着くのは夕方、朝早く出発、あちこち回る(まるでツアーのように)ので 

その場所や宿の思い出があやふや(当時は 旅の計画も彼がしていたのでなおさらだ)

 

今年の彼の誕生日記念旅行 まだ先だけど

どこにしようかな?と 今から思案している

やっぱり、東北かなぁ~

*****

1998年5月30日~6月2日

今は無くなった夜行列車の日本海は 本当にありがたい列車だった

夕方 京都駅で弁当を買い乗り込む

弁当を食べているうちに 敦賀になり

そこから 周りのカーテンを引いて お休みモード

眠りを誘うような列車の響きを 子守歌に

ウトウトし 時々窓の外をみる

あの夜行列車の旅は 新幹線では味わえない

朝には 秋田、青森に着き 即行動開始できる

 

この時は奥羽本線東能代五能線に乗り換えた

本屋の立ち読みで見た 「青池」へ私が行きたかったからだ

 

そこは期待にたがわぬ 美しい、見たことのない透き通った青

池の底の倒木が白く見える

周りは ブナの林

f:id:buunanome:20160220115239j:plain

f:id:buunanome:20160220115800j:plain

(3度訪れたが 最初のこの時の印象が強烈で 回数を重ねると 観光地化していくのが 残念…)

 

その日の宿 不老不死温泉

今では予約も取りにくいくらい 人気の宿

波しぶきがかかる海の側の温泉から 日本海に沈む夕日を眺める

 

夕日で 海も温泉も 黄金に輝く、至福の時間

 

そこで食べたつるつるわかめも 美味しかったんだよね

含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉

 

そこから 秋田新幹線で角館へ出て 抱き返り渓谷へ行ったんだよね

角館抱き返り渓谷の風景写真 ここの紅葉は見事らしいらしい

ポスターを見て 納得したのを覚えている

新緑も 川の色も滝も ハッとする美しさ

 

まだ カメラに目覚めていなかったんだよね 

残念ながら PCには取り込めてない 

いい所だよ

 

けど、今のつれあいには 無理かな

結構足場の悪い道を進むから… 

あの時のわたしだって こわいよ~と 足がすくむとこもあったくらい

じめじめした道端で 初めてギンリョウソウ「ギンリョウソウ」の画像検索結果にも出会えたところだ

 

ここから 乳頭温泉に向かい乳頭温泉「妙の湯」泊

部屋は 当時割安の部屋だったのかな、あまり良い部屋ではなかったけれどね、2種類の温泉と 夕食が豪華な食器で出され、はじめてライチなるものを食べたことを覚えている

次に行った時 改装後で 若い女性客向けにしゃれた作りになっていた

 

そして その後何度となく訪れることになる 八幡平へ

f:id:buunanome:20160220115334j:plain

本当に 東北は 素晴らしいところがいっぱい!!

ほんとだよ❕

 

f:id:buunanome:20160220115829j:plain