ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

2011年北海道(礼文・利尻)花の旅⑤

18日(土) 雨こそ降らないが曇り空、宗谷岬へはアクセスが悪い

予定を変更し、目的地はノシャップ岬と、日帰り温泉施設童夢

鷲泊フェリーターミナル前の 甘露泉水をペットボトルに詰めて 

鴛泊 8:40発⇒稚内10:20着 

f:id:buunanome:20160625113511j:plain

ノシャップ岬へは 路線バスで バス停からは つれあいの足で10分というところだ

アイヌ語でノッ・シャムといい「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」の天気が良ければ、夕日の美しい景勝地、秀峰利尻富士や花の浮島礼文島も一望できる

f:id:buunanome:20160625113929j:plain 残念ながら利尻も礼文も見えず

f:id:buunanome:20160625114258j:plain

ここから バスでもう少し先に 目的の日帰り温泉がある

平成9年6月にオープンした稚内温泉童夢大人600円/人

最北端の温泉童夢「入湯証明」1部100円

f:id:buunanome:20160625130848j:plain

ナトリウム-強塩化物・炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性高張性低温泉)

強めの塩味とかすかな原油臭を伴って 淡黄色で僅かに濁っている。

源泉はきわめて濃く、水で5倍に薄めているという変わった温泉で

視界が良ければ 眼前に利尻島がデンと見えるらしい

2時間ゆっくりしたカメキチどんは 親しく 裸の付き合いで温泉談義していたらしい

宿は 前回と同じ ドーミイン稚内

夕食は 北市場(客もまばらで閑散としていた)でもずくラーメン

 

19日は なが~~~い列車の旅!! 

  稚内  07:10発 スーパー宗谷2号

  札幌  12:06着

      12:22発 スーパー北斗12号

  函館  15:38着

      15:55発 スーパー白鳥40号

  青森  17:45着 こんな時間なのに弁当は売り切れ!

夕食・朝食用の食べ物として、津軽菓子、おにぎり、コロッケを買い

青森 19:31発 日本海乗車

翌朝20日(月) 京都  09:51着

 

こんな、便利な寝台車が無くなったこと、今更ながら惜しいかぎりだ

f:id:buunanome:20160625133104j:plain

***

5年も経つのかぁ…と思いながら こうして記事にしてみると

旅の楽しかったことや苦労が アレコレ思い出される

カメキチどんも 追体験することで より思い出を十二分に味わっている、そんな気持ちも 前よりは分かった気もする

(彼は今 先日の旅の追体験記の 三分の一にやっとたどり着いたらしい。まだ当分は退屈する間もなさそうだ)

こんな私的な記事 何の役にも立たないけれど、せめて こども達がいつか 父母の人生、満更じゃなかったんだね、と酒のつまみにしてくれたらいいかもね