読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

南東北(五色沼・大内宿・塔のへつり・飯坂温泉)の旅

ごいさんのブログ記事を見ていて

懐かしくなっちゃった

え~と、五色沼は…

2002年10/28~11/2 (あの頃はレンタカーで) 

秋田から鳴子、蔵王から五色沼の方へと 

欲張りな旅を していたね

 

晩秋で寒くて 五色沼をブルブル震えながら 巡っていたね

f:id:buunanome:20160721141604j:plain

f:id:buunanome:20160721141647j:plain

あの時も 何てきれいなんだろうと思いながら 歩いていたけれど

夕方も迫る時間で 焦っていた気がする

 

今なら もっとじっくり景色を愛でながら 歩くだろう

 

2008年11/13~16

16回目の東北旅行は 結婚36年目記念

会津、大内宿、芦ノ牧温泉飯坂温泉をまわった

 

会津若松市は、循環周遊バス赤べこでぐるりと車中観光

途中下車して さざえ堂(ここは 我が婿殿にも見せたいお堂だ)へ

f:id:buunanome:20160721152419j:plain

芦ノ牧温泉連泊し そこから大内宿塔のへつり

 

会津鉄道沿線の駅舎は 見どころも多い

芦の牧温泉駅 

背景の景色と相俟って風情豊か、話題の猫の駅長さんが人気者

塔のへつり駅

テレビのサスペンスドラマの舞台に何度も登場しているので すっかりお馴染みの駅

阿賀野川(大川)がそそり立つ山肌の岩を長年かけて削って造り上げたという天然記念物、その造形美はいうまでもなく、そこへ行くまでの林の彩りも素晴らしい

f:id:buunanome:20160721152540j:plain

 

湯野上温泉駅

ここの駅舎は茅葺の重厚な古民家造りで有名

テレビの旅番組でお馴染みの 駅舎の囲炉裏がいいかんじ

 

『大内宿』へはタクシーで(運転手さんは話好きな気さくな方で、帰りも迎えに来てもらった)

江戸時代にタイムスリップしたかのような、周囲の山々、田圃の景色と茅葺屋根の民家群が溶け合っている魅力的な場所

是非とも食べるゾォと思っていた「しんごろう」

「石原屋」の「ふわふわ蕎麦掻汁粉」

「みなとや」の搗きたての栃餅、最後にプリプリした串刺し蒟蒻

みんな二人で半分こ、満足満足!

f:id:buunanome:20160721152630j:plain

温泉好きのつれあいは宿泊宿の「空中露天風呂」「棚田風呂」からの迫り来る峡谷の秋景色にいたく感激していた

 

会津若松駅のホームでは次の乗り換えの郡山行きの電車出発までの時間が短い

歩くのがゆっくりなつれあいの為に 誘導の駅員さんが ホームの階段を上って下るのも同行してくれ、電車に乗れたことを確認して 出発!

二人とも これには感激したね

 

名に聞く飯坂温泉は、観光地として 整備されたところもあるのに 

あちこち廃業になった温泉宿も 目立った

 

ここの「鯖湖湯」威風堂々という言葉がピッタリの堅牢な立派な造りの建物で、中は正しく男女の湯船だけの存在という単純な、素朴さが素敵なんだが 結局つれあいは 熱すぎて入れずに出てきた

f:id:buunanome:20160721152846j:plain

地元のお爺さんは 平気に浴び、身を沈めておられ凄い!と思ったそうな…

 

東北の旅は 何て言ったらいいのだろうか

全然知らない土地なのに 懐かしい気持ちになれるところが いい