読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

姉妹と旅をする

高校を出て 看護学校の寄宿舎に入ったあと

姉妹のことを どれだけ考えていただろうか?

アル中の母に 近づきたくなかったから

妹たちには いい姉ではなかったと思う

 

それでも 歳を取ると

どうでもいい思い出は 片隅に寄せておいて

時々 ドキッとすることを言われもするが

恨み辛みも薄れ 

会えば 懐かしく ホッとできる関係だ

 

姉妹が 集まって1泊するようになったのは 

1993年 実母が亡くなり その1周忌

お寺に参った後

みんなで 芦原温泉で1泊(その時は癌で闘病中の妹も一緒だったなぁ)

 

その後は 寂しいやろからと父と、同居している姉を誘って

家族旅行を年に1回 淡路~鳴門・宇奈月温泉三方五湖・箱根へ旅した

(当時は広島の義父母とも 公平にと 大久野島美又温泉錦帯橋~津和野へ帰省を兼ねて旅をした)

 

1999年10月 母の7回忌に 姉妹と父と 鳥取城崎温泉へ1泊旅行をしたのが

父との最後の旅となった

(なぜか我がつれあいは運転手として 違和感なく 毎回人数に数えてもらっていた)

 

それからは 姉妹でなるべく 命日には会いたいね、と言う話になった

あくまでも 安く!行けるところ

1泊だけ…仕事があり、家族持ちは 出るのも大変

それでも 下呂、なばなの里、能登へ…

 

2000年2月 父が亡くなり

小説になりそうな波乱万丈な人生を送ってきた姉は ひとり暮らし

この頃は つれあいも一人、山登りに夢中でもあったので

姉と二人で 旅すると言っても 嫌な顔されることもなかった

 

2001年11/4~7 姉と「なは」鹿児島へ 桜島~指宿~知覧・開聞岳 

f:id:buunanome:20160725115442j:plain

今はもう走っていない「なは」デュエット

二人して 珍しくて あちこち触っていたら 車掌さんが飛んできたっけ

f:id:buunanome:20160725115810p:plain

桜島は バスで巡った

知覧では 見たくはなかったけれど 見なくてはいけない気がして

特攻隊の人たちの想いに 胸ふさがれた

 

姉と二人で 砂蒸し体験も

姉の計画した旅 写真があまりないのが残念

音信途絶した時期もあったのに

父母が亡くなって 距離がどんどん縮まる

 

2回目が 2006年6/3~4(つれあいが怪我する一月前)

姉に ぜひ見せたかった上高地

f:id:buunanome:20160725121137j:plain

f:id:buunanome:20160725121221j:plain

姉と二人だけの旅は これっきり!

何故なら その後は もれなくつれあいがついて来るからね

 

姉妹で行く旅も つれあいが2006年に怪我したあとは 

運転手のお勤めはできないけれど

きょうだいのひとりとして認めてもらっていた 

 

近くの温泉で 泊まって 

何という事もない話をするだけの時間は 楽しい

話していると 昔のエピソードがどんどん出てくる

覚えの良いのは 決まって下の下の妹だ

 

が、今は 妹たちのつれあいが 次々に介護が必要となり

次々と亡くなり 

その後は 老いた姑たちや 孫たちの世話などで

前よりもいっそう 泊りがけの旅は 難しくなっている

 

福井近辺に住む 姉妹たちは 時々集まって お昼を共にしては

ストレス発散している

それが ものすご~くうらやましい時がある

 

つれあいとケンカした時などは 特に!だ

 

このあと 姉妹旅行は どうなるのかな

お互いが 身体の故障が出来て

なおさら 集まりにくくなってくるのは目に見えている

 

何事も できる時 そのひと時を こころから楽しむことが一番だね!!

広告を非表示にする