ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

姉との3人旅

えぇ~っ!

いろいろ調べて 下書き保存したつもりの記事が無くなった?

 (。>0<。)

なんで?

………_l ̄l○lll ガクッ

 

でも もう一回、書くぞぉ~~~~!

 

*****

父が亡くなって ひとり暮らしになった姉

なんかね、ほっとけない

 

母とは 一番反発しあっていたのに

煙草もお酒も 母と同じで 辞められず

老いてますます 母に似てくる姉

 

成人した子供たちに 良いように利用され

借金を申し込まれ ホイホイ渡し

そのくせ 時々 電話してくる時は

気弱なことを言う姉

ほら、見たか!と言いつつ

気になってしまう

 

(でもね、この2月で70歳の姉は 今も外食産業の調理で現役、

若い人に交じって 長年仕事をしている、すごい人でもある)

 

わたし達2人で旅した時 姉に なんだか申し訳ない気分になってしまう

割り切れば良い事なんだけれどね

 

姉=母みたいな

母へ思うように どこかへ連れていけなかった後悔もあって

年に1度は 姉に声かけて旅をしている

 

姉は 晴れ女

姉と行く旅は いつも周到に計画しているのに

どんくさい事が なぜか起きてしまう

たぶん、姉がいるという事で 私の気も緩んでいる?

 

つれあいが 温泉で長湯している時

姉がいると おしゃべりしていて時間もあっという間

困るのは 朝 夜間熟睡できない性質の姉が もぞもぞし煙草を求めて部屋を出たり入ったりすることかな

他の妹なら 歩くの却下、遠いの却下!となるような所でも 

姉は とっても喜んで来てくれる

 

書き出してみると そんなに回数は無いものの

どれもこれも たくさんの思い出がつまった旅ばかりだ

*****

 2007/11/27~29

ホテル浦島

f:id:buunanome:20160729133651j:plain忘帰洞『帰るのを忘れるほどの絶景』

洞窟の中の温泉にひたりながら望む、日の出、洋上の月足元の磯をかむ荒波… 

f:id:buunanome:20160729134651j:plain

 姉が いつか行きたいなぁ~と言っていた所

今は外国の方も多いらしく 口コミさまざまだが

船で行く広い敷地に 各種の温泉

一人暮らしでは 品数も限られる生活なので 

姉はバイキング形式が大好き!

ただ 温泉大好きではない姉とわたしには 連泊したものの中日は周りが海で ぶらっと出かけることもままならず、時間を持て余したし、1泊で良かったかも

 

2008/8/31~9/2

乗鞍山頂~畳平

 休暇村宿泊

f:id:buunanome:20160729140032j:plain 

f:id:buunanome:20160729140110j:plain

f:id:buunanome:20160729140215j:plain

姉が家を駆け落ち同然に 関西に出たあと、離婚、再婚、そして夜逃げ同然に 関東へ行ってから離婚(相手の浮気ばかり、男を見る目の無い姉)

苦労して働きながら 実子4人と連れ子1人に食べさせる生活

詳しい事は言わないから…悲惨な生活だったようで 仕事を掛け持ちしていたから 子供たちには手をかけられなかったことが負い目なのだ 

私にした借金を返せないからか、ずっと音信もないままだった姉 

そんな時にも 山登りの好きな人に連れられ、安達太良山とか那須の方や尾瀬にも行ったという楽しい思い出があるから 山を歩くのはとても好きなのだ

乗鞍もゆっくり歩けて 満足!

 

2009/7/5~7

袋田の滝鵜の岬

f:id:buunanome:20160729141812j:plain

f:id:buunanome:20160729142010j:plain f:id:buunanome:20160729142309j:plain

茨城県の公共の宿「鵜の岬」は TVや雑誌にも紹介されていたので行きたかった所

袋田の滝は すごいスケールだったね

そうそう、滝へ向かっている電車なのに 何で海?

どこかで乗り間違えたハプニング発生も この辺は東京に近いので 列車の本数も多く

ちゃんとつじつまが合ったから良かったね(辺鄙なところなら計画オジャンだったかも)

宿では 姉が大事なメガネの上に座ってツルが壊れて…直しに隣町まで行ったっけ

 

ここも あの震災の後の津波被害で しばらく休業していたが

今はまた営業中

また いつか行けたらいいなぁ

 

2010/5/29~6/1

乳頭温泉郷で温泉巡り

つれあいの誕生記念に 一度は姉に東北の魅力を知ってもらいたくて誘った旅

ここは 泉質の違う温泉や旅館が点在している 

ブナの魅力も姉に体験してもらいたかった

f:id:buunanome:20160729153058j:plain f:id:buunanome:20160729153440j:plain

f:id:buunanome:20160729153529j:plain f:id:buunanome:20160729153618j:plain

休暇村を拠点に 温泉巡り

黒湯、孫六、蟹場、大釜、妙の湯、鶴の湯とどれもこれもそれぞれに良い!!

f:id:buunanome:20160729153239j:plain

f:id:buunanome:20160729153409j:plain

で、姉ももちろん、ブナのファンになったのだ

大釜温泉だったか、あまりに 熱くてキャーキャー言ったっけ

我がつれあいは 今までにも来たことのある場所なので

あんなに視覚障害や歩行障害もなんのその 全踏破して(^^)v

 

水芭蕉を見に 空吹湿原へ行く途中で 道を間違え、焦った

砂防工事の人まで 聞きに行けたのも 

姉が一緒だったから

つれあいは 当てにできない今 心強い旅の友だ

 

2011/7/30~8/2

白馬・栂池自然園

この時初日は 新潟豪雨で、電車が不通になり予定変更

急きょ、糸魚川で 途中下車、ビジネスホテルで1泊

f:id:buunanome:20160729154601j:plain f:id:buunanome:20160729154802j:plain 

ちょうど夏祭り中で、これはまた めったにない経験だった

姉は 元同僚との約束もあり そのまま会いに行き、夕方白馬まで送ってもらった

わたし達は 五竜岳高山植物

あいにくの小雨の中 アルプス平自然遊歩道を巡る

つれあいにも、ゆっくり撮影できる良い場所だ

ここで、ヒマラヤの青いケシの花を 初めて見た

f:id:buunanome:20160730113611j:plain

翌日 3人で栂池自然園へ行く

さすが、晴れ女の姉が居るので 霧は出ても雨にはならず

f:id:buunanome:20160730113814j:plain

f:id:buunanome:20160730113905j:plain

姉の好きなニッコウキスゲがいっぱい!

f:id:buunanome:20160730114029j:plain

温泉も、景色も、花も!いい所だね

 

2013/2/27~3/1

【富士山をぐるっと一周】冠雪の富士五湖忍野八海めぐり

富士五湖(本栖湖精進湖、西湖、河口湖、山中湖)を周遊し、貸切バスで富士山をぐるっと一周し、各湖からの景色を楽しみ、かつては最も美しいといわれた茅葺集落を復元した西湖いやしの里北口本宮冨士浅間神社、名水で有名な忍野八海を訪れるバスツアー

これだ!って思ったね

富士山見たいという姉の希望を叶える旅

休暇村富士 これで3回目

田貫湖の向こうに富士山が見える

1度目は まだフラフラするつれあいと来た

支えながらも 田貫湖を一周できたことが うれしかった

 

あまりにうれしくて、2度目は 義母と 

ベッドに横になっていても

富士山が見えるなんてねぇと、とっても喜んでくれたっけ

 

そして姉と

観光バスで 色んな富士山を眺められて満足

姉がいるから もちろんいい天気!

f:id:buunanome:20160730120122j:plain

夜の富士山も

f:id:buunanome:20160730120216j:plain

2014/4/22~23

龍神温泉&アベノハルカス

いわゆる美人の湯、お湯はぬるっとしていて良かったね

f:id:buunanome:20160730121447j:plain f:id:buunanome:20160730121602j:plain

なにより、バイキング!

姉もつれあいも 鹿肉や鮎があり 満面の笑み!で食べていたね

f:id:buunanome:20160730120910j:plain

帰りに 途中下車

日本一の高さ300mのビル「あべのハルカス」を話のタネにと行った

展望台へあがるのに 約一時間待たされたけど 文句ひとつ言わないところが姉のいい所の一つだ

f:id:buunanome:20160730121025j:plain

f:id:buunanome:20160730121223j:plain

2015/4/9~10

箕面観光ホテル

この年初めから つれあいの体調がおかしかった

(まだ重症の貧血のせいだとは分からなくて) 近いところに決めた

箕面大滝って一度は行ってみたかったし

f:id:buunanome:20160730122907j:plain

その大滝までも歩けなくて 途中で待っているというつれあいを置いて

滝への道すがら 

やる気のないつれあいのこと

いつもは言う事のないわたしが うっ憤を吐き出したこと

浴室で転倒しかけたというつれあいの様子や食欲の無さに

姉も これはただ事じゃないなと思ったらしい

姉との旅の後 貧血の注射で 劇的に良くなったことを 心から喜んでくれた姉

 

2016/2/1~2

リバージュひきがわ

今年のこの旅は 昨年暮れの尿路結石救急車事件の後だったので

姉の誕生日記念旅も兼ねて 

つれあいの好きなリバージュ日置川へ同伴してもらった

f:id:buunanome:20160730123448j:plain

食欲の戻ったつれあいと 姉が何より喜んだクエ鍋

f:id:buunanome:20160730123554j:plain

とまぁ、書きだすと思い出が ドバっと湧き出てくる

 

いっぱい旅をしたいけれど 妹たちのつれあいが続けて亡くなり、一人は離婚

フルムーンが使えるのはわたし達だけ

姉だけを連れて…と言うのは 妹たちに申し訳ないような…

年金生活者の懐では どんと来い!とも言えないし

 

こそこそと 二人だけの旅をするしかないかなぁ…などと

思っている

*****

あぁ~疲れた!

お昼用意しなくては、ね

横では 食べれるまで パソコンに向かっているカメキチが居る!! 

広告を非表示にする