読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

別府・国東半島・杖立温泉~5泊6日の旅①

f:id:buunanome:20161106152548j:plain

こんな朝焼けの見送りを受けて 10月31日(月)出発!

ひかり491号⇒小倉からソニック11号に乗り換え 別府11:28着

 

天気の変化は 九州から下り坂

予報通りだね、と 曇天の空を眺める

その前に 昼食…

別府と言えば とり天

f:id:buunanome:20161106153208j:plain

とり天冷やしうどん、

彼は 大分名物りゅうきゅう丼(漁師料理

f:id:buunanome:20161106153403j:plain

で、食べていて思ったんだけど、これって、娘とイオンで食べた料理と同じのような…

 

別府駅には 何度か来ているが 

駅の中 閉店しているところも 何か所かあったせいか うら寂しい感じが否めない

あいかわらず、近国のツアー客の姿が目につく

 

 

駅前のホテルに 荷物を預け 眺望は期待できないけれど

予定通り 別府ロープウェイ

別府駅西口⇔別府ロープウェイ 大人片道420円

ロープウェイ 往復1600円/人(クーポンで100円引き)

標高1,300mにある鶴見山上駅。駅前には、鶴見山上権現一の宮があり、山上遊歩道沿い各所にも、様々な神様が祀られ、「札所めぐり」・「七福神めぐり」ができる

 

f:id:buunanome:20161106155402j:plain

こんな感じ

紅葉も 期待していたけれど

f:id:buunanome:20161106155524j:plain

f:id:buunanome:20161106155608j:plain

f:id:buunanome:20161106155654j:plain

山頂は 9℃ パラパラ小雨がときおり降り 霧も出てくる

七福神は 廻りきれず f:id:buunanome:20161106161959j:plain 

f:id:buunanome:20161106160231j:plain

今日の夕食の調達は駅下のスーパーで 惣菜を買う

こんな時 居酒屋さんへ 平気で入れたらなぁ~と 

チラッと何人かのブロガーさんのことを 思う

ま、度胸もないし、片方は胃も無いし

f:id:buunanome:20161106162225j:plain 安上がりだね

 

今日の宿は    連泊:計18200円

ツインA禁煙(17㎡…うぅ~っ、狭い!)

海側…と言えばそうだけど はるか向こうに見える

バイキングの朝食付プラン…値段が値段だから 

期待しないけど 1泊目、あんまり、だもんで

2泊目は パンは買ったもので頂く

 

とにかく この日は 韓国ツアーの団体貸し切りか?と思うほど

別府だけに天然温泉だから 選んだ宿ではあったが 

狭い洗い場、カランも10個もないところに 

韓国美女(かどうか、湯気ではっきりせず)たちが 1個に3人は使っている感じ 

それも全員立ち洗い、シャワーの湯を辺りにまき散らし

大きな声で 仲間同志の会話にはしゃいでおられる

脱衣場では 外のスリッパで歩き回り、そこかしこに使用済みのタオルが打ち捨てられ

ともかく 裸になっちゃったからと

辛抱強く 順番待ち

せっかくの温泉も 芋の子状態では 入る気も失せて 早々に退散…

エレベータの前に来ると いきなり 浴衣を服の上から羽織ったおばさんが

胸ぐらをつかみかからんとして 早口で

何か伝えようとしている、はずなんだけど

韓国語は カムサハムニダしかわからん私

どうも、鍵を持っている人が居なくて 部屋へ入れないのかなぁ…と思ったところで

後ろから 同国人が来たのを見て、私を開放、

エレベータに乗ってから ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

女風呂は 散々だったけれど

男風呂はそこまででもなく ゆっくり、と思ったら

手すりのあるところに 湯が出る配置だったらしく

平衡バランスに問題ありの彼は 手すりより遠くには怖くて行けないので

熱くて 長湯できなかったと 彼も戻ってくる

 

初日は こんな感じで 早々と就寝

f:id:buunanome:20161106163847j:plain

夜は 風邪気が 治りきってないので 

寝入ったかと思うと 咳き込む彼

 

心配性のわたし、

こんなんで 旅していいのかなぁ…などと思いつつ寝たからか

夢の中で 42℃に発熱して 

どうするのさぁ~と

わめいている夢なんぞ見てしまった

 

朝 目覚ましで 喜々として 朝風呂に行く彼を見て ホッとした