読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

約束が ボツになったので…

雑記

朝からラミーチョコで このモヤモヤな気持ちを晴らそうと思ったけれど

無理ぃ~で、書くことで 気分を落ち着けよう~っと

 

孫②のプレゼントを渡すつもりで 娘の都合のいい時間を聞き 

今日の今頃 会って 渡していた頃だ

 

が、朝8時 娘からの電話

(今までのことがあるので 娘からの電話を取る時は かなり緊張する)

取ろうと思ったら 切れた

ますます嫌な予感…

かけなおす

出た娘の声は 泣き声…

またやぁ… _| ̄|○ ガク

 

婿殿は ひとり親方

はてなにブログも持っているけれど たいていは専門的というか、よくわからない内容なので他の方にどうぞ!とお勧めもしにくいし、本人も読者を積極的に増やそうとはしてない(ん、してるの?)ような

時々は 娘の力も 猫の手よりはマシらしく 事前に 彼の了承を得るように いつも言っている

「好きにしたらいい」という言葉の意味は 別の意味もあったのか…そこは分からないが 娘はOKだと理解して 今日の待ち合わせ時間を決めたのだった

 

それが 今朝 出かけるのは辞めて手伝うように 急に言われたそうな

 

こちらは 暇人ゆえ 一向に構わないのだが

娘にしてみたら そのつもりで いろいろとすることもあったのだろう

 

ケンカして 気持ちが昂って抑えきれない時は 彼女は こうして親に電話して来る

甘いと言えば甘い

いい加減 自立せよとも言いたい

 

でも 親の声を聴いて 気持ちがいくらかでも落ち着くならば 生きている間しか娘の助けにはなれないけれど、それもやむ無しとも思う

だって娘だもの!

 

仕事の段取り上 婿殿も 猫よりはましな娘の力を頼りにしてくれるなら

他に言い方があったろうに、と言うと

わがつれあいは 婿殿を擁護する言葉を返してくる

『きっと、そこが(娘への)甘えなんだと思うよ』

 

ちょっと待ってよ!

聞き捨てならぬその言葉、

よく言うよね、わたしとケンカした時も

「僕は きっと(私に)甘えているんだって思っている」って

あれね、聞くたび モヤモヤァってするんだよ

わたしゃ、あんたの親じゃないんだから 甘えてなんぞくれなくていい!ってね

 

あやしい雲行きが 我が家にも 漂いはじめ…で、ラミーチョコ(ありがと、ごいさん、助かってます)

 

あとは娘たちが解決していくしかないけれど

こんな夫婦ケンカね、

この歳まで いい加減学んだっていいはず 

なのに 繰り返す我が家の例をみると 

この先も前途多難だよ、わが娘よ!

結婚して 他人と暮らすって そういうことなんだろうね

 

婿殿には いい仕事をしてほしい

精神的に動揺していたら 怪我もしかねないし

大切な材を ダメにしかねない

そこんところ、心配なんだよね

それにね、

子どもたちは 親の姿を じっと見ているものだからね

 

さっき、あらためて 「ごめん」メールが来た

 

ちゃんと 工場で 作業できているならいいけれどなぁ…

 

仕事の面では 婿殿のこと高く評価、というか、小さい声で言うけれど尊敬しているくらい

 

けども、癖の強い婿殿、娘を泣かせるたびに 婿としての評価がぐらぐらじゃ!

 

f:id:buunanome:20161207103414j:plain

今朝の朝日に照らされて 紅葉も最後のかがやきを

f:id:buunanome:20161207103540j:plain

 

 もうちょっと 読者が増えるといいね!

木やカンナに興味ある方、お暇な方はのぞいてみてくださいませ

 

shitekiongaku.hatenadiary.jp