読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブナ日記

ブナの木が大好き!ブウブウ文句も言ってます、てなことで ブログではブナと名のってます。カメキチのつれです。これは 私的備忘録です。

糸魚川の大火事に…

雑記

糸魚川で大火事、それも延焼中らしいと これまた夕方、TVをつけたつれあいが 心配そうに言う

我が家は 食事前後にしかテレビを生で見ていない。あとはCMが嫌なので録画したものを 寝る前の2時間見るくらいだ

だから、大きなニュースは 夕方まで知らない

 

どこから出火したのかなぁ…とニュースを見て また驚く

まさか…

 

2011年7月30日 福井の姉と合流して 白馬へ向かう旅の、まさに当日 新潟に大雨が降り 糸魚川から先の列車が不通となり、旅の出だしから 大きく予定が狂った

 

その日は 行けるところまで行こうと 糸魚川駅で下車

駅前の「ゑびや」に 部屋をとることが出来た

折しも その夜は 「おまんた祭り」と重なり 町は 祭り一色!

f:id:buunanome:20161223100621j:plain

f:id:buunanome:20161223100655j:plain

S50年から始まった民謡流し 糸魚川駅周辺を中心に市民総出の踊りが繰り広げられる

で 遅い夕食をとるため 宿で聞いた店を探して 

まだまだ フラフラするつれあいを 大勢の人混みの中 通り抜けてたどり着いたのが 

何と、今回の火元かといわれる店らしい、と ニュースを見て直感した

 

今 写真を見てみたら やっぱり…

f:id:buunanome:20161223100841j:plain f:id:buunanome:20161223101236j:plain

地元の人たちの集まる場らしく、出入りする人たちは みな祭りで盛り上がっていた

   

たった一夜 立ち寄った町の思い出ながら その祭りとともに 店の中のことも 強く心に残っている

駅前の たぶんここは焼けたところではないと思うけれど

f:id:buunanome:20161223102231j:plain

f:id:buunanome:20161223102255j:plain

宿から見えた商店街は 雪除けのアーケードがあり、木造の家並みが続いていた

 

今回の火事の検証は 今から行われる 

南からの強風に 消火栓の不備とか いろいろあるのだろうが

 

身一つで 避難をした方の多くが なすすべもなく 

すべてを焼き尽くす火の行方に 

どんな思いでみていたのだろう、と 

昨夜 ぬくぬくと夜具に潜り込んでいる自分

後ろめたくもあったことだ

 

火事の 覚えている最初の光景は 小学生の夜

随分遠くにある映画館の火事(子供の感覚では 小1時間かかると思っている所にあった)

夜真っ暗な空から 火の粉が たくさん 家の近くにも飛んできた

その夜は ランドセルを枕元に置いて 震えながら寝た

 

もう一つは わが娘たちが 小学生の頃 

呼べば聞こえるような近くでの火事 これまた夜

サイレンの音に気がついて 窓から外を見たら 火の手が見えた

何時 火の手が こちらへ来るやもしれないと 怖かった

こどもらに 服のまま寝るように言い 

私がそうだったように ランドセルを枕元に置かせた

後から分かったこと…神経を病んでいる母親が火をつけて自殺を図ったとか…

母に死なれた子どもを一時乳児院で預かった 

その子の心 深く傷ついていなければいいのだが…

 

冬 日本海側では 火事になると延焼するケースが多いのかな

次女が 城崎で仲居として働いていた時

寝入りばな、ドンドンと戸を叩かれて 起きた娘が外に出たら 

近くまで火が回っていて

こわかったぁ~と 

翌日 電話して来たので ビックリして駆けつけた

その火事で 人も亡くなっている

 

亡き妹も 働く先で火事に焼け出された経験があった

 

とても他人ごとではない話だ

 

今回被災された 多くの方々

再起への一歩が 踏み出せる日が 早く来ることを

心から 願っている

 

あの賑わいが 忘れられない

f:id:buunanome:20161223110045j:plain

広告を非表示にする